2017年4月4日火曜日

リアルけものフレンズ カワウソちゃん




けものフレンズに登場する動物たちを紹介しようという企画です。今回はコツメカワウソちゃんを紹介します。

かわいいー!コツメカワウソ

お昼寝中のコツメカワウソ
お昼寝中のコツメカワウソ
コツメカワウソは東南アジアを中心に生息する動物です。魚や貝、カニなど川に住む様々な動物を餌としています。群れで暮らし川などの水辺の他、水田などにも住み着きます。何種類かいるカワウソの中では、最も小さい種類です。その姿はかわいいー!としか形用できない、愛らしい姿です。カワウソは群れを作る動物で、その中でもコツメカワウソは大きな群れを形成します。

とても人気な動物で、日本でも数多くの動物園で見ることが出来るようになりました。なのでまだまだ多く野生でも生息していると思われるかもしれませませんが、危急種という絶滅の危険が高い種に認定されています。減少の原因についてはっきりしたことまでは調べられませんでしたが、害獣として駆除されることよりも環境変化のほうが大きいようです。発展途上国の多い東南アジア地域に生息する動物なので、動物の生態調査の面でも途上のようです。さらに密輸目的に捕獲されることもあります。大阪の海遊館にいるコウメちゃんは、日本に密輸目的で持ち込まれ保護された個体です。今では立派に育ちお母さんになりました。

餌を食べるユーラシアカワウソ
写真はヨーロッパユーラシアカワウソ
日本で絶滅してしまったニホンカワウソは、ユーラシアカワウソの亜種にあたります。なのでコツメカワウソとはちょっと違います。日本でユーラシアカワウソが見れる動物園は2017年2月現在、「のいち動物公園」「いなわしろカワセミ水族館」だけです。他の動物園で飼育されているユーラシアカワウソは、ヨーロッパユーラシアカワウソという亜種です。亜種も含めた野生での生息域はユーラシア大陸の様々場所で、遠くは欧州から近いところだと韓国や中国でも見ることができます。以前は中国から輸入してカワウソとして展示することも多かったそうですが、今では中国では輸出禁止となっているので、それもあってコツメカワウソが展示されることが多くなっています。

たのしー!コツメカワウソ

コツメカワウソの手
コツメカワウソの手
アニメでも登場しょっぱなから「たのしー!」を連呼していましたが、非常に好奇心が高い動物で人懐っこい性質です。東武動物公園のくどうおねえさんが解説でもあったように、自分から人に向けて手を差し出すぐらいです。

餌を食べるコツメカワウソ
餌を食べる様子
最初の写真と合わせてみて欲しいのですが、手はぷにぷにで動物らしい肉球はありません。この手が他の動物にない器用さを生み出しています。他の動物のように地面に顔を付けて餌を食べるのでなく、手で持って餌を食べることもできます。もともと肉食動物であり、更に狩りの得意なイタチ科に属するため、餌を食べる時はなかなかワイルドです。写真を拡大すると立派な牙が生えていることも分かります。


動画も動物園で餌を貰ったところです。一人端のほうに餌を持っていき、がっついて食べていました。餌を食べ終わると帰って行きました。手のひらを舐めるところも何とも言えません。

お手玉をしてるシーンがありましたが、本物のカワウソも石などでお手玉して遊びます。上野動物園のユーラシアカワウソの檻にも、石がおもちゃで入っていました。そういったところからも、好奇心・知能の高さを感じさせます。知能の高さからか、野生下でも罠にはなかなかかからないようです。カワウソ全般に言えることですが、餌が豊富であれば短時間で十分な餌を得ることが出来ます。それで余暇が出来るため、好奇心旺盛になるのかもしれません。

人懐っこい性格を生かしてバングラディシュではカワウソを使った漁も行われているようですが、それも今では収入などの経済的な面から消滅の危機を迎えているそうです。

冬はちょっと苦手?

多摩動物公園のコツメカワウソ
ずっとお昼寝中
せっかくなので動く姿を見たかったのですが、一匹だけ檻に居た写真に写っているゴン太君はずっとお昼をしていました。隣の檻にもコツメカワウソたちがいましたが、袋の中にうずくまってモゾモゾしてるだけでした。

最初に説明したように、コツメカワウソは東南アジアのカワウソです。夜にも活動する性質や、潜って餌をさがす必要のない動物園という環境の上、寒い日本の冬では日中は潜る気がしないのかもしれませんね。



たのしー!東武動物公園のカワウソ

東武動物園のカワウソ舎
アニメの解説アングル
東武動物公園のコツメカワウソを見てきました。アニメの解説で出てきたのは真正面からのアングルです。写真はちょっと望遠気味ですが、是非アニメと見比べてください。

東武動物公園のコツメカワウソのふうとまっちゃ
「ふう」と「まっちゃ」
東武動物公園では二頭のコツメカワウソがいて、名前は「ふう」と「まっちゃ」です。この二匹は凄く活発に動き回ってる上に、小鳥のようにピーピー鳴きまくっています。アプリ版では「私の声に酔いしれろー」だったのも納得です。

さらにくどうおねえさんの解説のように、檻の端までしょっちゅう来ます。でも人に興味を示してる感じはあんまりしませんでした。とにかく好奇心が強いようなので、外の景色に興味があるのかもしれません。春先で活発になり始める時期というのもあったのでしょうが、東武動物公園の二匹は他の動物園より活発で特に「たーのしー!」という感じでした。

※参考文献
「カワウソ研究と保全の状況-第10回国際カワウソ会議(2007)から-」
「カワウソから考える 動物園・水族館の経済学試論」
上二つの資料はタイトルをそのまま検索すれば簡単に見つけられます。

その他各話登場フレンズ-「サーバルちゃん」 「その他各話登場フレンズ紹介一覧」
2話じゃんぐるちほー登場フレンズ-「カワウソちゃん」 「マレーバクちゃん・ジャガーさん・オセロットちゃん」 「フォッサさん・ミナミコアリクイちゃん・タスマニアデビルちゃん」

スポンサーリンク


0 件のコメント:

注目の投稿

タヌキの疥癬と無責任な現状

野生タヌキの間で蔓延する疥癬やその対応、熱心に対応していないと思われる一部自治体の現状も紹介します。 タヌキに蔓延する疥癬 疥癬とは感染力の強い小さなダニが媒介する皮膚病です。そのダニは決まった種類のダニが決まった動物に感染するため、動物から人へと広がるものではありませ...