2021年9月29日水曜日

iPhoneの配送は10日ぐらい早まるときがある




iPhoneを予約するとかなり待たされる時があるかと思いますが、それが10日ぐらい早まるときがあるので、2021年の状況としてiPhone 13 miniの注文から配送の経過をレポートします。


iPhoneは miniは不人気じゃなかった!?

今年のiPhoneは変わらば映えも無く、正直悩んでいました。買うとしたら今年最後らしいiPhone 13 miniが良いと思っていました。miniは不人気らしいということもあって、発表後少し悩んでも平気だろうと思いました。実際注文を決断した前日の9月20日までは、発売日当日9月24日の当日の配送予定となっていました。

ところが注文を決断した9月21日夜には発送予定日が伸び、10/8~15日になっていました。iPhone miniはあんだけ不人気と言われただけに、なんだやねん!と心の中で突っ込みました。Apple storeでの受け取りも考えましたが、選択出来ませんでした。

ただ、iPhoneの発送は早まるときがあるのは知っていたので、早く届くことに期待を込めて注文しました。

2日しか早くならないのかい!

注文して4日経った9/25日にAppleからメールで通知が来ましたが、10/6~9日に変更ということでほぼ変わりませんでした。

正直2日だけの変更でがっかりしました。

iPhone 動き出す

iPhoneのApple storeアプリで暇なときチェックしてましたが、27日夜見たところステータスが処理中から一番最初のステータス処理中から配送準備中に変わっていました。

このステータスになるといよいよ発送は近いということで、期待が持ててきました。

発売日から4日で発送完了

28日にのちょうどお昼ごろにApple StoreからSMSで発送完了の通知が来ました。

出荷指示 09月28日 GSCM・ADSC支店
荷物受付 09月28日 10:30 ADSC支店
発送済み 09月28日 10:30 ADSC支店
輸送中 09月28日 15:43 羽田クロノゲートベース
配達完了 09月29日 午前中

荷物の動きはこんな感じです。クロネコヤマトで届きました。ちなみに発送元は西濃シェンカーで、西濃運輸とドイツ国鉄子会社の物流会社の合弁会社でした。ちょっと意外です。

とこんな感じで注文から1週間ちょっと、発売日からは5日遅れ配送されてきました。iPhone 13 Proなんかは人気なのでもっと遅くなるかもしれませんが、10日以上早くなるのは大きいので、意外と早く届くのをちょっと希望をもって待っても良いかもしれません。

iPhoneやandroidからUSBより早くWi-FiでWindowsにファイル転送する方法




 iPhoneシリーズはあれだけ映像を売りにするのに、何故か優先接続がUSB2.0で映像転送をが遅すぎます。なのでandroidでも利用できるテクニックでWi-Fiを使ってデータを送る方法を紹介します。
記事作成日: 2021.09.23/記事更新日: 2021.09.29

iPhoneのlightningは遅すぎる

iPadやMacの接続方法がUSB Type-CでUSB3.0以上・最大理論値5Gbps対応となる中、iPhoneの接続はlightning端子を維持しています。lightning端子はUSB2.0接続がベースになっているために、通信速度は最大理論値で480Mbpsとなっています。なので実際の速度はそれ以下となります。

また片側がUSB-Type Cで反対がlightning端子というのもありますが、あれはUSB PD(USB Power Delivery)に対応するためで、転送速度はUSB2.0から全く変わりません。

またapple製品通しであればAir Dropという、Wi-FiとBleutoothを組み合わせた無線通信で高速転送できますが、Windowsとでは叶いません。

Androidも中身はUSB2.0がまだ多い

最近のAndroidの接続端子はUSB Type-Cが標準です。しかし、USB Type-Cあくまでも端子形状の規格なので、転送速度は色々です。

10万円を超える高級端末であればUSB 3.0以上で理論値で5Gbpsを越える通信速度が多い反面、普及帯以下の端末だとSoCは対応していてもUSB2.0止まりはよくあります。

また各社この部分をスペック表にはっきり書かないことも多く、分かりにくいことも多いです。ドコモの製品情報ではしっかり載っているのが、とても偉いです。

Wi-Fiなら最低でもUSB2.0ぐらいを目指せる

最近のスマホとWi-FiルーターであればWi-Fi 5 (11ac)に対応しています。iPhoneの場合ですと、最大理論値は866Mbpsまで対応します。

更に数年前からWi-Fi 6 (11ax)対応機器が発売されました。iPhoneの場合11とSE2以降がそれにあたります。最大理論値は1200Mbpsでギガビットを越えます。

実際にWi-Fi 5でPCとやり取りしていますが、ファイル数やサイズで波がありますが実測値の最大値500Mbps越えで平均で見てもUSB2.0よりは早くデータ転送が可能です。

今度Wi-Fi 6環境も整える予定なので、そうしたらそちらについても記載します。

ただし、これはWi-Fi部絞ってみた場合なので、スマホとWinodws側の読み書き速度にも依存するのが注意が必要です。Androidの場合SDカードの読み書き・Windows PCがHDDでの読み書きなど、そこで読み書きが遅くなる可能性があるので注意が必要です。

実際に測定してもWi-Fiが早い

iPhone XR / Wi-Fi5 / 約1GB×5
1回目 2m17s 2回目 2m23s 3回目 2m23s
平均: 2m21s / 290Mbps

iPhone XR / USB2.0 (iTunes経由) / 約1GB
1回目 42s 2回目 42s 3回目 42s
平均: 42s / 195Mbps

iPhone 13 mini / Wi-Fi5 / 約1GB×5
1回目 1m14s 2回目 1m07s 3回目 1m09s
平均: 1m10s / 585Mbps

約1Gの動画ファイルを使ってストップウォッチを使って計測の上、USBとWi-Fiで転送ファイル数が違う超ざっくりした計測ですが、傾向は分かると思います。

iPhone XRの場合どちらも遅いのですが、USBが遅すぎるので相対的にWi-Fiが早いです。iPhone 13 miniの場合は、585MbpsでUSB2.0の理論値を明らかに超えています。こうしてみるとiPhone XRは元々が全て遅すぎます。

補足として環境は 「iPhone→Wi-Fiルーター(IO DATA WN-AX1167GR2)→1GbE→Windows PC (NVMe)」です。ルート上のボトルネックは最小限だったと思います。基本スマホもPCも動かさないようにしましたが、他のスマホが接続しっぱなしでインターネットも繋がっていて、小さいトラフィックはあったと思います。ただ、現実的な環境ということでここは一つ…

iPhone標準の「ファイル」でも接続できるが不安定

Androidはそういったアプリが無い場合がある

iPhoneにプリインストールされている「ファイル」アプリでもWindowsとWi-Fiでやり取りできますが、容量が大きいと不安定になるのでサードパーティがお勧めです。

Androidの場合はGoogle謹製ではそういったアプリが無いため、製造メーカーのプリインストールアプリ次第です。Galaxyの「マイファイル」やXiaomiの「ファイルマネージャー」はWi-Fiでのやり取りが出来ました。

Windows10のファイル共有機能を使う

Windowsにはファイル共有機能があるので、それを使います。この点はざっくり説明するので、もし足りない場合は調べて下さい。

まず共有したいファイルを右クリックし、プロパティを開きます。その中に共有タブがあるのでクリックし、更に共有をクリック。そうすると共有したいユーザーが選べるので、ユーザーを選んだ上でアクセス許可のレベルを設定すれば完了です。

こうすることで同じLANに繋がっている端末からアクセスできます。無線LANの場合ルーターモードで稼働している場合はつながらないこともあると思うので、そこの辺り設定はつながらなかったら実情に合わせて設定してください。

FE File Exploreを使う場合

私は特に理由もなくFE File Exploreを使っています。家庭内LANにアクセスする都合上セキュリティには気を付けた方が良いので、もっと良いアプリがあればそちらをお使い下さい。

まずアプリを開いたらiPhoneの場合は右上、Androidの場合は右下の+マークをタップしてください。そうすると共有したいシステムのアイコンが出るのでWindowsをタップしてください。すると設定画面が出るので、それを入力すれば完了です。

表示名: 自由
ホスト名/IPアドレス: 共有する端末の名前かIPアドレス
ユーザー名: 共有設定をしたユーザーの名前
パスワード: 共有設定をしたユーザーのパスワード

上のような感じで入力が必要になります。表示名はスマホ上で表示するためのものなので自由です。

ホスト名/IPアドレスの部分は2パターンやり方があります。ホスト名を使う場合、Windowsのi設定→システム→詳細情報で、詳細情報内のデバイス名から名前を確認します。そしてパソコンの名前がPCに設定されているとします。iPhoneの場合「smb://PC.local」と入力してください。Androidの場合は「PC」のみで大丈夫です。IPアドレスを使う場合はWindowsのコマンドプロンプトをまず開きipconfigと入力、それで出てきた中からIPv4アドレスを入力すればOKです。ただし、IPアドレスの固定設定しないと変更されて繋がらなくなる場合があるので、ホスト名を使うのがお勧めです。

ユーザー名とパスワードはWindows上で使っているユーザー名やパスワードをそのまま入れればOKです。

大容量ファイルは発熱に注意

大量にファイルをやり取りする時は端末の発熱にも注意です。Wi-Fiでの通信とストレージとの読み書きのダブルで発熱します。そのため数十~百ギガなどやり取りする時は、扇風機でもなんでも良いので風で冷やしてあげてください。

こんな感じでファイルが共有できると思います。USBケーブルよりは早くやり取りが出来る場合も多いと思うので、ぜひ活用してみて下さい。

2021年9月20日月曜日

どれが高音質? ワイヤレスイヤホンのBluetoothのコーデックの話




 ワイヤレスイヤホンでは、コーデックと呼ばれる音を圧縮してスマホなどからイヤホンへ音声を通信する規格があります。規格によって音質が変わることや、開発元によって対応規格が変わるので、その点の事情も紹介します。

音質もまずまずだがほぼ必ず採用のSBCとAAC

まず絶対に採用されているのはSBCです。44.1khz/16bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。

SBCはBluetoothで音声をやり取りする時に絶対に採用しなくてはいけない規格で、最も古い規格です。そのため音質は少し悪いのですが、静かな部屋で聞くなどでなければ実用上問題になることはあまりありません。外での視聴やながら使用がメインになることの多いワイヤレスのイヤホンの場合、殆どの場合このコーデックで満足できると思います。

2020年にSBCの後継規格のLC3が発表されました。SBCと同じ必須の採用規格になる予定で、今後は徐々にそちらに置き換わっていくと思われます。音質としてはAACやLDACと同程度や一部上回るところがある具合と主張しています。標準になればこの規格だけで音質面で困ることはほぼ無くなるはずで、ユーザーとしても助かります。

次によく採用されているのがAACです。44.1khz/16bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。SBCより新しい規格で、音質もちょっとだけ良いです。Bluetooth以外ではYouTubeやiTunesでも採用されていて、現在最も一般的なコーデックの一つと言えます。

この二つは殆どのスマホやワイヤレスイヤホンで採用されており、ワイヤレスイヤホンでもこの二つにしか対応していないものは多いです。スマホ側は更に複数のコーデックに対応しているのが一般的ですが、iPhoneに至ってはこの二つしか対応していません。

クアルコムが開発しているaptX系

aptXはCSR社が開発したコーデックですが、現在はQualcommが買収したためクアルコムが開発するコーデックです。QualcommはスマホのCPU Snapdragonシリーズやワイヤレスイヤホンの受信やワイヤレスDACの送信用のチップも作っているため、比較的採用数は多い規格です。

aptXが基本形で、44.1khz/16bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。AACとあまり変わらないレベルの音質の規格です。Snapdragonを採用しているスマホなら多くが対応しています。

aptXHDはその後に作られた規格で、48khz/24bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。ハイレゾ規格に一部対応するので、音質にこだわるのなら検討対象に入る規格です。ただし、対応しているイヤホンはかなり少ないです。

そしてaptX Low Latency通称aptX LLは、音質より映像やゲームなど遅延を抑えつつ、44.1khz/16bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。低遅延のため音ズレが小さくなるので、ゲームや映像を重視する方にお勧めの規格です。ただし、apxHD同様対応するイヤホンが少ないのが残念な点です。

以上3つを置き換える規格がaptX Adaptiveです。低遅延を実現しつつ96khz/24bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。特徴は状況に応じてビットレートを変動させ音声品質を変えることで、電車など混線しやすいところでは音質より接続性を重視するなどが出来ます。問題は対応するイヤホンが殆どない点です。

2021年9月にはaptX Adaptiveの追加規格として、aptX Losslessが登場しました。今までのaptX Adapativeの今までの機能に加え、44.1khz/16bitまでをロスレスでBluetoothで送信できる初めて規格で今後対応機器が登場します。44.1khz/16bitがCDと同じ音質なので、CDまでなら劣化の無い音質で聞くことが出来ます。

SONYが開発したハイレゾ用のLDAC

LDACはSONYがハイレゾを最初から意識して作った規格です。96khz/24bitまで対応する非可逆圧縮の規格です。aptX Adaptiveと同様に混線しやすい状況などでは、ビットレートを変更3段階の中から選び音声品質も変動する代わりに接続性を重視する機能があります。

SONYがスマホの開発でandroid OSの開発にも関わっているため、OSレベルで標準対応している規格です。ただ、本来OSレベルで対応していても、スマホのメーカーが使えないようにしてしまったりすることもあるので、androidなら必ず対応するわけではありません。

SONYが開発した規格のためSONYの機器で採用率は高いのですが、他社の採用率は低く殆ど対応しているところはありません。

以上が現在使われている主なコーデックとなっています。現状としてはSBCとAACという必要十分なコーデックのみが採用される場合が多いです。なので音声品質に拘りたいなら、それ以上の音質のコーデックを選ぶ必要がありますが、高価なイヤホンに採用される傾向があります。どの場面で使うかを考えつつ、イヤホンの値段と合わせて検討すると良いかと思います。

また、音源がmp3の場合二重に不可逆圧縮されることになるので、スマホの容量に余裕があるのであればflacなど可逆圧縮のフォーマットの検討も合わせてしたいところです。

よくわからん! ワイヤレスイヤホンを選ぶときのBluetoothの話




 ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンが普及してきましたが、それを選ぶ際にBluetoothの対応している規格によって機能が変わってきます。何を見て選べばよいかについて紹介します。


気にすべきは主に二つでコーデックとバージョン

イヤホンを選ぶにあたって重要なのは、機能に関わってくるバージョンと音質に関わってくるコーデックの主に二点です。

Bluetoothは無線で様々な機械同士と通信するための規格で、PC・スマホ・イヤホン・キーボード・カメラ・ゲームのコントローラーと様々なものに採用されています。そしてWi-Fiとの違いは、Wi-Fiはインターネットや家庭や企業内のネットワークと通信するためという点です。

Bluetoothの規格にはバージョンがあり、このバージョンによって消費電力や対応できる機能が違い、まずこれが気にすべき点です。

次にプロファイルと呼ばれるものがあり、これも何の機能に対応しているかにあたります。例えばワイヤレスイヤホンであればA2DPというのに対応しており、これは音声を通信するためのプロファイルです。そしてプロファイルには色々なものがありますが、イヤホン選びで重要なものは多くありません。

そして音質もイヤホンなら重要ですが、先ほど上に上げたA2DPのプロファイルと一緒に使われるコーデックと呼ばれる音声圧縮規格で変わってきます。スマホなどから音楽を送るときにどうやって送るかという規格で重要です。

バージョンが新しいと省電力だったり複数の機器から同時再生できる

バージョンが新しいと何が良いかと言うと、省電力であったり複数の機器の音を同時に聞けたり高機能になります。ただ音質に関して全く関係ないわけではないですが、コーデックの影響のほうが大きいです。基本的には最新のバージョンの方が良いのと、対応してる機能についてはカタログで見るしかありません。

Bluetoothのバージョンは現在2020年発表の5.2が最新です。バージョンが上がることごとに通信速度の高速化・低省電力化が勧められてきました。最近のイヤホンであればだいたいが5.0以上で、使う上でバージョンで特に困ることはありません。

また、バージョンが5.2だから全ての機能に対応するわけではありません。複数の機器の切り替えができるマルチポイントや、同時接続で二台のスマホの音楽を聴いたり出来るマルチペアリングなど使い勝手に関わる部分を正確に知りたい場合は、やはりカタログの細かい部分を見る必要はあります。

4つ対応していればだいたい出来るプロファイル

ワイヤレスイヤホンであれば重要なのは主にした4つのプロファイルです。

A2DP-音楽などの音声を送る機能
AVRCP-端末側の再生や停止などの操作をするリモコン機能
HFP-電話の発着信と通話などの機能
HSP-電話の音声を送受信する機能

上二つのA2DPとACRCPが音楽再生に関わる機能、下二つのHFPとHSPが電話に関わる機能です。最近のワイヤレスイヤホンであればだいたい対応しているので、念のため確認するしておけばよい部分です。

そして細かい使い勝手に関してはマニュアルなどをダウンロードして確認すると良いと思います。

音質に最も影響するコーデック

コーデックは音声をどうやって圧縮してスマホなどからイヤホンへ送るかの規格で、この部分が音質にはもろ影響します。目安としては電車などでしか聞かないなら、SBCでも良いが、静かなところでも聞くなら最低AACとaptX、ハイレゾ音源を聞くならaptX HDやLDACにaptX Adaptive、ゲームをするならaptX LLというのが目安です。

SBCはBluetoothイヤホンなら絶対に対応しないといけない規格で、最も古いコーデックです。そのため音質はあまり良くありません。ただし、注意して聞けば音質悪いなあぐらい
レベルなので、騒音の多い環境であれば気にならないと思います。

AACとapt-XはCDレベルの音質で聞ける規格です。なので音質の劣化も比較的少なく、静かな環境でも不満は出にくいと思います。

そしてaptX HD・LDAC・aptX Adaptiveはハイレゾ音源相当の音質を誇る規格です。逆を言うとどれかに対応してないイヤホンで聞くと、ハイレゾではなくなっているということです。

最後にapt-X LLは遅延を無くすための規格で、他の規格よりゲーム時の音ズレが小さくなります。ただし、音ゲーをやるのであれば、今も有線で一番無難だと思います。

今まで説明した規格は全て非可逆圧縮の規格です。Bluetoothには可逆圧縮のコーデックは今までなかったのですが、2021年9月にaptX Adaptiveの追加規格で、aptX Losslessが発表されました。この規格で初めてCD相当の44.1khz/16bitまで可逆で送信ができます。個人的には未だにCDから取り込んで聞く派なので、この規格に最も期待しています。

コーデックが良くても最後はイヤホンの性能が大事

コーデックはスマホなどからイヤホンまで音を伝えるための規格です。なのでイヤホン自体の作りが良くないと音質は落ちます。音質にこだわるのであれば、デジタルの規格部以外もやはり重要です。

私もそろそろワイヤレスイヤホンが欲しいなと思い調べたので、書いてみました。イヤホン選びの参考になれば幸いです。

注目の投稿

iPhoneの配送は10日ぐらい早まるときがある

iPhoneを予約するとかなり待たされる時があるかと思いますが、それが10日ぐらい早まるときがあるので、2021年の状況としてiPhone 13 miniの注文から配送の経過をレポートします。 iPhoneは miniは不人気じゃなかった!? 今年のiPhoneは変わらば映えも無...